プロフィール

Last Update 2018/12/03


酒井啓子
氏名 酒井 啓子
生年月日 1941年1月18日
星座 山羊座
血液型 A型
出身校 キング・ドレスメーカー女学院卒
資格 全技連マイスター
職業訓練士
一級婦人子供服製造技能士
受賞歴 2006 全日本洋装技能コンクール
 (社)全日本洋装技能協会長賞
2012 全日本洋装技能コンクール
 (一社)東京技能士会連合会会長賞
2014 全日本洋装技能コンクール
 東京都知事賞
 (公社)全日本洋装技能協会理事長賞
2015 全日本洋装技能コンクール
 (一社)東京技能士会連合会会長賞
2018 全日本洋装技能コンクール
 中小企業庁長官賞
 文化服装学院長賞
提携法人 一般社団法人 日本洋装協会認定校(NDA理事)
家族構成 夫、長男(孫3人)、長女(孫2人)、次男
趣味 絵画、料理

 洋裁学校を卒業後、学院の助手(夜間部)を2年間経て、金沢市内の「銀座屋洋装店」にデザイナーとして勤務し、この時期と同じく市内巴町に教室を開設(夜間のみ)し、25名の生徒さんとスタートしました。
 当時、自分の年齢と差のない生徒さん達と、友達のように楽しく過ごしました。
 現在では、10代から80代の生徒さんが在籍し、洋裁を楽しんでいます。洋裁の他にも、趣味の料理を生かし、月一回の昼食会を開いています。





一流デザイナーをめざして



銀座屋洋装店 この写真は、銀座屋洋装店でデザイナーをしているときに、女社長(鶴見 菊枝)さんと打ち合わせをしているところです。
デザイナーという顔は、「もう少し老け顔に」と、社長さんに言われ、髪の毛は短く、近眼でもないのに黒縁の眼鏡をかけて、貫録を付けています。


一流デザイナーめざす 昭和39年11月ごろだと思います。
この広告の名前で「敬子」の名前が間違っています。正しくは、「啓子」です。
不細工な写真ですけど、私にとっては自分の人生の歩みの第一歩なので、ブスな写りですけど一晩で仕上げた服を着て顔がはれ上がっています。


モデルさん汗だく 男女合同のオーバーコートショーで、女性部門の着付け担当責任者として、現場を担当しました。


ファッションショー 昭和40年ごろ、ファッションショーに出品。布地は、繊維協会からの提供により、コゲ茶色のサテンでドレスを制作。
デザインは、ノースリーブで裾の方にはボーダー柄でひし形をダイアモンドとスパンコールで型取り、きらびやかさを演出いたしました。
デザイン画


モデル 一度はモデルになりたいと思っていましたけど、背が低いため叶えられませんでした…
でも、モデルのピンチヒッターとして、37歳にして、夢が叶いました!(後にも先にもこれ一枚です…)
ずっとデザインをしてきた私にもモデルさんの気持ちがやっと分かりました。


ホームへ 教室案内へ 教室のあゆみへ オートクチュール


Copyright © 2001-2019 酒井啓子洋裁教室 all rights reserved.