月見文化祭月見

Last Update 2001/02/26



【押し花】

昨年の夏(平成12年)も大変暑い夏でした。
でも、庭先の花が暑さに負けず予定通り咲いてくれました。

そこで、この花々を使い文化祭(平成12年)に出品する作品を作ろうと思いました。

ペチニアとやすめ白のテーブルから、流れる様にペチニヤが毎日ゝ20個ばかり白、ショッキングピンク、濃い紫、それにインパチェンス、ゼラニュームと咲き零れていました。
昨年の暑さは、人間にとってはとても辛いものでしたが、花々にとっては、とてもよい夏のようでした。

この花を午前11時から12時ごろに摘み、電話帳に挟みまして、約一ヶ月程押しました。



押し花ドレス黄色のロングドレスは、ポルカという花でご近所の方から頂きました。
次に、厚目の画用紙に人物画を描き、ドレスに一枚ずつ押し花用ドレスに貼っていきます。


庭の花々


一晩かかり出来上がりました(夜10時から翌朝9時、久しぶりに徹夜しました)。
でも、完成したときは、眠気も忘れて文化祭会場に駆け込みました(ギリギリで間に合いました)。


平成13年の年賀状これを今年(平成13年)の年賀状に使いました。

ちなみに、「押し花ドレス」の実寸は、縦 72 p、横 50 pです。
それを縮小してはがきに印刷しました。



庭の花々



今では、家の玄関に飾り、玄関が華やかになりました。
来年の年賀状も今年の花を使い、華やかな押し花を作りたいと思います。



ホームへ私のきまぐれへ


Copyright © 2001-2018 酒井啓子洋裁教室 all rights reserved.